cqJIqgI43gJH7HvA5DcDhJ1BZrQhFjcwgSLnmvqccqJIqgI43gJH7HvA5DcDhJ1BZrQhFjcwgSLnmvqc 極楽 ALSライフ 相談。
FC2ブログ

相談。

2018/04/26 Thu

苦しいのはイヤです。
(>_<")
で、先生に相談しました。


喋れないので事前に作文して
テレビに映しておきました。

書面にて失礼します。
教えて頂けますか。
在宅で死ぬ場合、
苦痛の緩和・鎮痛を
胃ろうから出来ますか?
その時に備えて
処方箋をお願い致します。
どんな経過になりますか?


………………
先生は、
「血中二酸化炭素濃度が上がると
、意識が朦朧となり死にます」
と言う話を繰り返されただけです。
薬を処方下さいませんでした。

ここからは、愚生の推測です。
安楽死の薬は存在するし、
病院では使われている気がします。
ただ、法律上、
認められた治療ではないと思います。
さらに、
投与する者愚生の場合は妻のメンタルの
問題が存在します。
「自分が死亡させたあるいは、殺した
と言う想いが生じて、
苦しむかも知れません。
薬を投与して、すぐ死んだら、
「自分がやった感」で悩む気がします。
薬を投与したら、苦痛から解放されて、
その後2~3日経ってから逝くのが
調度良い様な気がします。
経過を聞いたのは、その為です。


先生の話しぶりから、
ナルコーシスになると
苦痛は無さそうです。
でも、そうなるまでは、どうなんだろう?
う~ん、
「命短し、恋せよ乙女」じゃなくて
「命短し、悩めよ親父」です。




延命治療って意味あるんでしょうか。
20180426134404cf3.jpg

ポチっとお願いします。(~_~;)

コメント

Secret

はじめまして

はじめまして。いつもブログ拝見させていただいております。
私は去年より夏より左足が強張り、身体はピクピク、ただ歩くのには問題ありません。最近右肩が上がらなくなり肩の奥が常にジンジン痛み力が入りにくいです。神経内科では去年筋電図で反応なくalsではないと言われてます。四十肩と言い聞かせ肩の整形に通ってます。全く治りませんが。神経内科は診察は一応継続中です。
自分が死ぬと考えると、痛みを伴う延命って意味あるのか?とは思います。自分は身内の介護や税金の無駄にもなるから、スッと逝かせてほしいなとは思います。

夫は発症から3年半で、まばたきによる意思の疎通も難しくなりました。
私は先のことを考えると、どうしたらよいのかわからず苦悩の日々でした。
夫の気持ちを考えると、毎日胸が押しつぶされそうでした。
低体温で体温計では計れないほどの日が暫く続き、軽い肺炎になりました。
ある日突然土気色になっている夫を見て、慌てて救急車を呼びました。
幸い意識は戻りましたが、固まった表情からは全く苦痛の度合いが読み取れませんでした。
私は先生にモルヒネの投与をお願いしました。
先生には残された時間は少ないと思うけど、さらにそれを縮めることになると言われました。
それでもよいからと私はお願いしました。
その3日後夫は亡くなりました。
私は自分の選択が間違ってはいなかったと思っています。
夫も私もALSから解放されたことを前向きに捉えています。

ナルコーシス

2度目のコメントです(^ ^)
夫がALS です。

夫もギリギリまで呼吸器を拒否してたので、実際にナルコーシス状態の入り口あたりを経験してます。

ナルコーシスは…
本人は、ひたすらウトウトしてる感じです…家族としては、「あれっ、いつものウトウトとは何か違う気がするな?」って印象で、嫌な予感がし、ひたすら揺さぶって起こすって感じです。
私の個人的な感想ですが、ナルコーシス状態だと知っていて、夫をそのままにしておくのも非常に罪悪感を覚えました。
このままソッと寝かしてあげれば苦しまずに逝けるのかな?と思いつつ…でも、このまま起こさなかったら、私が見限った事になる…と、悩みました…。

うちは食べるために既に分離手術済だったので、寝る時だけ呼吸器をつけ始めたところ…あれだけ呼吸器を拒否してた夫が、予想に反して呼吸器の良さを知り、結局つけましたけどね…(^-^)

今は、分離手術のおかげで、モリモリ食べて、呼吸器をつける前より元気になってます。
結果的に、我が家はこれで良かったかなと思っています…

長々とすみません…
とにかくナルコーシスは、何をしてても眠いという状態になるみたいですよ。

ご自身の人生です。
私たち夫婦も経験してるので、お気持ちは痛いほど想像できます。

奥さまとよくお話してみてくださいね…

偉そうにすみません…
今日も良い日となりますように☆

No title

s-y.moonさん
おつらいですね。
そうお考えになるのは、とても自然なことだと思います。

私が大いに参考にさせて頂いたブログのリンクを貼っておきます。
https://muu.muragon.com/page/3.html

お父さまが、呼吸器の疾患で余命が短くなった時、看護師の娘さんが介護休業して在宅で看取られました。
この方も二酸化炭素がたまるナルコーシスでした。

このブログによると、アンペック座薬で緩和を図っておられます。これは娘さんの選択だったようです。

私もこれを読んで、座薬であれば在宅でも使いやすいと思いました。

この方の場合は、娘さんが医療従事者なので、在宅医療チームも娘さんの意志を尊重された、という経緯もあるかもしれません。

あと年齢も心理的な壁になりますね。
s-y.moonさんはお若いので、緩和ケアが余命を縮める可能性がある場合、慎重になってしまうのでしょう。

Re: はじめまして

はじめまして。
コメントをお送り下さり、ありがとうございます。
通院中との事で、ご心配でしょうが、
希望されてる四十肩だと良いですね。

治る為に延命するのであれば、有意義でしょうが、
死ぬのを遅らす治療は無意味だと思います。
愚生も(痛み無く)スッと往きたいです。

Re: タイトルなし

大変な経験をされたのですね。
人の命の終焉を決断する、
しかも、その人は、
ながく寄り添った、大事な愛する人。
決めるのに相応しい人間は自分ひとり。
自分以外に決められる人など存在しない。
相談すべき相手は自分のこころ。
押し潰されそうな孤独の中での
決断だったのではないでしょうか。
お辛かったと思います。
ご立派です。
完璧な対応をされたと思います。
きっと、
ご主人も感謝されていると想像します。

貴重な体験談をお聞かせ下さり、
ありがとうございます。

また、愚生の稚拙な返信で
不快になられたらすみません。

Re: ナルコーシス

お久し振りです。
ナルコーシスのお話しをお聞かせ下さり
ありがとうございます。
ご主人がナルコーシスかも知れない時の不安や孤独感、
さらにもろもろの悩めるお気持ちをご経験された上に、
乗り切って、今の生活を得られたのですね。
文面から、幸せな様子が伝わってきます。
貴殿の暖かい手助けから、
ご主人も呼吸器をつける決断をされたのでしょうね。
お幸せそうで、なによりです。

Re: No title

ご紹介下さったブログ、読まさせて頂きます。
う~ん、アンペック座薬ですか。
………つい最近、オプソを知りました。
症状に応じて新しい言葉が出てきます。
治療に希望を反映する為には、
病人にも知識の必要性を感じます。
本当は「苦しまずに逝かせて下さい」
と言うだけが良いんだけど。

・先ずは、プロフィールです。

極楽

Author:極楽
2015年1月の夜でした。
飲んだ帰り道、
突然、左脚が上手く動きません。
・・・
整形外科に通い始めましたが、
原因不明で、
神経内科も行く事になります。
・・・
2016年6月に検査入院をして、
7月5日にALSと診断されました。
orz

・最新記事を5件です。
・最新のコメントです。
・過去の記事になります。
・カテゴリ毎に分類しています。
・検索フォームです。
・RSSリンクの表示です。
・リンクです。
・ブロとも申請フォームです。

この人とブロともになる

・と最後にQRコードでやんす。
QR