cqJIqgI43gJH7HvA5DcDhJ1BZrQhFjcwgSLnmvqccqJIqgI43gJH7HvA5DcDhJ1BZrQhFjcwgSLnmvqc 極楽 ALSライフ

VANのスイングトップ。

2017/04/30 Sun

静岡の単身赴任から引き上げる時、
洋服を、殆んど棄てて来ました。
で、この春先に羽織る上着がありません。

欲しいと思ったのが、スイングトップです。
先日、放送終了したNHKの朝ドラ『べっぴんさん』の
モデル石津謙介が創立した『VANヂャケット』の
スイングトップです。
(スイングトップは、石津謙介の造語です。)
勿論、背中にVANのロゴが有るタイプです。

調べたら、23760円で、今も販売中です。
(確か、一度倒産してたはず。)
う~ん、高い!!!
しかも、メードイン中国だ。

通販サイトを見ている内に、
何故か、ヨットパーカーを衝動買いしてしまいました。
(しかも、VANでは無いです。)
通販サイトの写真ではメチャ格好良いのですが、
届いたらそうでもないです。
う~ん、ちょっとガッカリです。

、、、はい、この話続きます。


う~ん、モデルが格好良いだけかぁ?
201704222254066bc.jpg

ポチっとお願いします。( ´△`)

電動車イス、レンタル機リポート。

2017/04/29 Sat

レンタルした電動車イスで外出しました。
愚性に会わせて微調整して頂いているので、
昨日の試乗機より乗りやすいです。

驚いたのは、昨日より速く走れる事です。
多分、試乗機は、初心者向けに
最高速度が押さえられているのだと思います。
あまりに遅いので、
昨晩、レンタル機を微調整して下さる際に、
最高速度ををあげてくれるようにお願いしました。
(自動車で言えば、ROMチューンですね。)
が、残念ながら、却下されました。
(ただし、営業さん自身は、
そういう事が好きだそうで、やりたそうでした。)

フルノーマル仕様ですが、
小走り位のスピードはでます。


今後はドラテクを磨いて、コーナリングを極めていこうかと、、、?


折り畳むと、玄関に馴染みました。
20170429232025e16.jpg

ポチッとお願い致します。( ロ_ロ)ゞ

電動車イス、試乗からの、、、。

2017/04/28 Fri

YAMAHAの電動車イスを試乗しました。

・第一印象は、『結構小さい。』
・乗ってみて、『ちょっと華奢な感じ。』
・走ってみて、『道の凸凹でボディーがきしむ。』
・最高速度は、『結構遅いです。』
・折り畳んで、『幅約34cm、玄関に収まります。』
・近所の歩道、『道路との段差は越えられました。』
・介助者用SW、『オプションですが、必須ですね。』

やはり、
病院等に置いてある貸出し用の車イスみたいな、
がっしりとした乗り心地とは違いました。
(多分、小型軽量が優先されているんですね。)

1時間程乗りましたが、結構疲れました。
無駄に力んでいたんだと思います。
が、慣れれば、近所へ買い物に行けそうです。
後は、いつレンタル開始出来るか、です。

、、、、、
夕方、レンタル会社の営業さんから、お電話頂きました。
『もしよろしければ今からお持ちします。』
、、、\(^o^)/、わーい、わーい!!!
勿論、お願いしました。

昨日、ケアマネさんと契約したばっかりです。
まだ、介護保険の見直しも決まっていません。
そんな状況の中、超有り難い神対応をして頂きました。
ご尽力頂いた関係者の皆様に御礼申し上げます。
本当に、有難うございます。m(__)m


早速、明日買い物にいくつもりです。超楽しみです。
(遠足前日の小学生の気持ちです。)
2017042823424088d.jpg

ポチッとお願いします。(●^o^●)

電動車イス。

2017/04/27 Thu

身障者手帳を申請する事にしました。
さらに、介護保険の要介護認定の
見直しも依頼しました。
出来る事なら、介護保険を使って、
電動車イスをレンタルしたいからです。

足に装具を着けないと、
一歩も歩けません。
着けても50m位が限界です。
そろそろ、車イスは欲しいです。

進行性の病気の為、
自走式の車イスを選んでも、
いずれ乗れなくなります。
その時に、電動車イスに変更するより、
今から乗って、手が動く内に、
慣れておきたいからです。
そんなに無茶な希望では無いと思うのですが、
介護保険でレンタルするのは難しいらしいです。
う~ん、
要介護認定の時、
全く動けないふりをしようか、、、。


などと、不埒な事を考えていたら、
PTさんから介護用具レンタル屋さんを
ご紹介頂きました。
要支援でも可能性は有るそうです。

明日、YAMAHAの電動車椅子の試乗予定です。
20170424102219eb5.jpg

ポチっとお願いします。( ^∀^)

療法士さん、その③。

2017/04/26 Wed

さらに続きです。
気管切開、胃瘻、、、の話は、
【どういう死に方を望んでいるのか。】を聞く
という一面を持っていますよね。
(または、どこまで、どうやって生きたいのか。)

患者さんの抱える事情(子、親、経済状況、仕事など)や、
病気に対する理解度、知識、、、等を知らずに、
そういう話を切り出すのは、
地雷原にスキップして飛び込むようなものですよね。
細心の注意で話し出しても、
病気をまだ受け入れられておらず、
怒り出す人、泣き出す人、話たがらない人、
または、無理に平静を保つ人、、、など様々な方が
いらっしゃるのではないでしょうか。
(考えが決まらず、迷っている最中が多いいかも。)

療法士さんだって、嫌な思いはしたくないはずです。
ただ、仕事柄、話をしない訳にはいかないんですよね。

スミマセン、
愚性の方から、先に話しておくべきでした。
反省しています。
ジジイなっても、歳を重ねただけの、
気が利かないダメ人間です。

ALSを担当して下さる療法士さんは、
患者さんが、
歩けなくなっていく、動けなくなっていく、
弱っていく、通院出来なくなっていく、、、、、
それを見続けながら、お仕事をされています。

患者さん一人ひとりに対し、
細やかなコミュニケーションをとりながら、
結構、時間を掛けてリハビリして下さいます。
その際、
・話す⇒理解が生じる⇒親しくなる、、、、、
、、、、、で、患者さんが、病院に来れなくなる。

結構、メンタルのきつい仕事だと思います。
なので、
療法士さんには大感謝です。


またまたスミマセン、言葉足らずでした。
お医者さん、看護師さんにも、勿論大感謝です。
ただ、ALSに関しては、
・お医者さん:治療法が無い為、症状の確認、記録がメインだと思います。
・看護師さん:勿論、お医者さんから指示が出ますよね。点滴して頂きます。
・療法士さん:事例が少ない為、個人の裁量が多く求められている様な気がします。
こんな風に感じています。
(あくまで、愚性の今の感覚です。入院すれば、別の思いが生じるかも知れません。)

201704252343060a6.gif

ポチっとお願いします。m(._.)m


プロフィール

s-y.moon

Author:s-y.moon
😅
2015年1月の夜でした。
飲んだ帰り道、
突然、左脚が上手く動きません。
、、、
整形外科に通い始めましたが、
原因不明で、
神経内科も行く事となります。
、、、
2016年6月に検査入院をして、
7月5日にALSと診断されました。
う~ん、 正直怖いです。
orz

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
励みになりますので、ポチっとお願いします。_(._.)_
こちらも宜しくお願いします。m(._.)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR